【型紙プレゼント】 電車、駅、そして......?! 小さな世界の大きな楽しみ、素晴らしき<スモールワールド>へようこそ!

2018.4.19

【型紙プレゼント】 電車、駅、そして......?! 小さな世界の大きな楽しみ、素晴らしき<スモールワールド>へようこそ!

上の写真を見て「よくある駅の光景だな......」って思いましたか? うーん、よく見てみてください。なんだかちょっと違いませんか? そう、この写真、実は鉄道模型用のジオラマなんです! さあ、今回は、このジオラマのように、「自分だけの世界」を「自分で創り出す楽しみ」=<スモールワールドの楽しみ方>に迫ります。「ちょっとやってみたいかも......」と思ったあなたにも、自作の楽しみを体験していただければ、と、ちょっとしたプレゼント(ダウンロードコンテンツ)もご用意しましたよ! 

それは黒船とともにやってきた?! 日本における鉄道模型の歴史

【型紙プレゼント】 電車、駅、そして......?! 小さな世界の大きな楽しみ、素晴らしき<スモールワールド>へようこそ!

一口に「鉄道ファン」と言っても、老若男女を問わず、その楽しみ方は千差万別。とにかくいろんな電車に乗ってみたい”乗り鉄”からその光景を写真に収めたい”撮り鉄”、時刻表を熟読し、脳内旅行を楽しんだりする”スジ鉄”、以前の記事「No.1を探せ!」でも紹介したような鉄道大好きっ子の”子鉄”などなど……。そして、最初に紹介した、鉄道のある風景(ジオラマ)を作り出し、その中で実際に鉄道模型を走らせる楽しみ方……今回は、この“模型鉄”と呼ばれる鉄道模型愛好家たちの世界に、おじゃましてきました!

【型紙プレゼント】 電車、駅、そして......?! 小さな世界の大きな楽しみ、素晴らしき<スモールワールド>へようこそ!

鉄道模型の始まりは19世紀と言われており、最初は趣味のためのものではなく、鉄道という新しい技術を実演するためのプレゼンテーション・ツールとして作られたものでした。日本にも同様の目的で海外から持ち込まれてきたのですが、それを持ってきたのはあのペリー御一行だという話も! 

1960年代には、「Nゲージ」と呼ばれるレールの間隔(軌間)が9mmの鉄道模型が、海外、そして日本でも販売されるように。そして、1980年代の“鉄道ブーム”がきっかけとなり、鉄道模型が趣味として大きな注目を浴びはじめます。

【型紙プレゼント】 電車、駅、そして......?! 小さな世界の大きな楽しみ、素晴らしき<スモールワールド>へようこそ!

その後も鉄道模型の人気は根強く、現在ではその当時のブームから入った大人はもちろん、その子供たちなど老若男女に愛されているほか、日本を訪れる海外からの観光客の間にもファンが増えているそう。その実情がよーくわかる “鉄道模型ファンにとってのメッカ”的スポットが、東京は新宿区内にある「ホビーセンターカトー東京」です。

作って、飾って、走らせて……鉄道模型の世界、その奥深い魅力

【型紙プレゼント】 電車、駅、そして......?! 小さな世界の大きな楽しみ、素晴らしき<スモールワールド>へようこそ!

住宅街の中を歩いて行くと突如現れる赤い電車がその目印。ここ「ホビーセンターカトー東京」は、1986年にオープン、30年以上の長きにわたり、多くのファンが足を運ぶ、まさに“鉄道模型のテーマパーク”! 日本の鉄道模型の代表的メーカーのひとつであるカトーのショールーム兼ショップです。

中に入ると、まず目を奪われるのが巨大なジオラマ! いくつものホームが並ぶ大きなターミナル駅から山、トンネル、川、お城まで……と、いろんな風景を盛り込んだレイアウトには、ついつい時間を忘れて見入ってしまいます。

【型紙プレゼント】 電車、駅、そして......?! 小さな世界の大きな楽しみ、素晴らしき<スモールワールド>へようこそ!

Nゲージをはじめとした鉄道模型の数々、ジオラマ用のパーツや素材などが揃った販売スペースに加え、2階には修理や相談のできるサービスカウンターや、実際に鉄道模型を走らせることができる体験レイアウトも完備! 週末ともなれば多くの鉄道ファンで賑わいます。

鉄道模型は、模型といいつつも、基本的には“ほぼ完成品”です。販売されている鉄道模型も、新幹線から日頃乗り慣れている在来線、特急まで、目移りしてしまうほどバリエーションが豊富。ちなみに、海外からの観光客の間では、自分たちが成田空港から乗ってきた(からか?)「成田エクスプレス」が人気なんだそう。

【型紙プレゼント】 電車、駅、そして......?! 小さな世界の大きな楽しみ、素晴らしき<スモールワールド>へようこそ!

「やっぱり、Nゲージの一番の楽しみは運転だと思います」と「ホビーセンターカトー東京」店長の柳澤さんは言います。「そして、模型を走らせるために必要になるのがその舞台、ということで『ストラクチャー』を使ったり、景色を自作したり……という、ジオラマ作りも、また鉄道模型の真骨頂ですね」とのこと。

「ストラクチャー」とは、駅舎や建物などの模型などのこと。「ジオラマを制作する際には、実際の場所を再現する方もいらっしゃいますし、自分で想像した架空の場所を作るという方も。いずれにしても、イメージ通りに作るのはなかなか難しいんですが、それが逆に作る面白さとしてハマっていく部分でもありますね」。

【型紙プレゼント】 電車、駅、そして......?! 小さな世界の大きな楽しみ、素晴らしき<スモールワールド>へようこそ!

ジオラマを作り、かつ、実際に模型を走らせるためには、それなりのスペースが必要。なので、鉄道模型は持っているけど、自宅にレイアウトは組めない……と、「ホビーセンターカトー東京」のようなレイアウトのある施設に持って行って運転を楽しむ、というファンも。

鉄道模型をコレクションするほか、それを置いて飾っておいたり、風景のミニチュアでインテリアに華を添える……そんな“箱庭的” な楽しみ方をするファンも少なくないとか。なるほど、レイアウトを組んで走らせるのはちょっとハードルが高いと思っても、“箱庭的楽しみ方”なら、すぐにもやってみることができるかも?! 

<ジオラマ作り>、やってみた! 小さな世界を自作・創造する楽しさ

【型紙プレゼント】 電車、駅、そして......?! 小さな世界の大きな楽しみ、素晴らしき<スモールワールド>へようこそ!

今回は、駅周辺の風景までは残念ながら断念……ですが、“架空の駅で電車を待つ人々”といった、日常の風景を作ってみることに!「この駅に、この電車が走ったら……」とか「駅名は自分の苗字に……」なんてアレンジしながら、世界にたったひとつの駅、世界を作ることだってできちゃいます!

【型紙プレゼント】 電車、駅、そして......?! 小さな世界の大きな楽しみ、素晴らしき<スモールワールド>へようこそ!

ホームや売店、待合室といったベースに、駅名表示や案内板などのパーツを取り付けたり、パーツにはシールを貼ったり……「ただ取り付けていけばいいんでしょ?」と口にするのは簡単ですが、はじめての場合はその作業の細やかさに、少々面食らうかもしれません(感じ方には個人差があります!)。

【型紙プレゼント】 電車、駅、そして......?! 小さな世界の大きな楽しみ、素晴らしき<スモールワールド>へようこそ!

さあ、ホームの上に、さまざまなパーツを取り付けていきます。右奥に見えるは「待合室」。待合室の中やホーム上には、行き交う人々を。「この人はこれから出張かな? それとも誰かを待ちぼうけ?」……なんて、ストーリーを考えながら、配置していくのも楽しいものです。

上の写真はかなりアップにしているのでわかりにくいかもしれませんが、この人物の模型、大人の小指の第一関節くらいの大きさ! なので、作業にはピンセットが欠かせません。そして、屋根部分をはめ込んだら、線路を作り、いよいよ鉄道模型をセット!

【型紙プレゼント】 電車、駅、そして......?! 小さな世界の大きな楽しみ、素晴らしき<スモールワールド>へようこそ!

おお! 駅っぽくなりました! 写真ではわかりにくいかもしれませんが、レールの脇にはバラストと呼ばれる線路に敷く砂利を撒き、専用の糊で固めつつ、リアリティを出します。撮影時に照明の当て方を変えてみるだけでも印象が変わるなど、作るだけでなく、撮影する楽しみも! 

うーん、ここまでくると、充実感に加え、「やっぱり走らせてみたいな……」という“模型鉄”への憧れが多少頭をもたげてくる方もいるかもしれません。

【型紙プレゼント】 電車、駅、そして......?! 小さな世界の大きな楽しみ、素晴らしき<スモールワールド>へようこそ!

さて、ホームの上では、自販機の前で「何を飲もうか……」と思案するサラリーマン風の男性。さらに、自販機に目をやると……そう、JR東日本のエキナカではおなじみのアキュアの自販機! こうした自販機やゴミ箱などのパーツは用意されているのですが、そこに貼るシールは自作するなど、こんな風にカスタマイズするのも、また楽しいものです。

旅好きなアキュアくんが、今度はあなたの部屋に?! 『アキュアくん』を作ってみよう!(型紙ダウンロードあり)

【型紙プレゼント】 電車、駅、そして......?! 小さな世界の大きな楽しみ、素晴らしき<スモールワールド>へようこそ!

さて、「何か作ってみようかな……?」という気持ちになってきましたか? そんな方に、今回ぜひトライしてみていただこうと、ご用意したのがこちら、“ペーパークラフトの型紙”です! 

【型紙プレゼント】 電車、駅、そして......?! 小さな世界の大きな楽しみ、素晴らしき<スモールワールド>へようこそ!

先の模型でもホームに佇んでいた、JR東日本のエキナカでおなじみアキュアの自販機と、そのキャラクターとして各所津々浦々を旅する『アキュアくん』。これを、なんとペーパークラフトで作っちゃおう! というわけです。

【型紙プレゼント】 電車、駅、そして......?! 小さな世界の大きな楽しみ、素晴らしき<スモールワールド>へようこそ!

さて、見覚えのあるラベルだなあ……」と思った方もおられるでしょうね。これはアキュアの自販機でいちばん人気のミネラルウォーター『From AQUA<フロムアクア>』のボトル部分です。ペン先と比べてみても、その小ささ、作業の細かさが想像いただけるのではないでしょうか?!

【型紙プレゼント】 電車、駅、そして......?! 小さな世界の大きな楽しみ、素晴らしき<スモールワールド>へようこそ!

型紙を印刷するのは、普段お使いの普通紙でもよいですが、ペーパークラフトに適した、若干厚みのある用紙を使うのがベスト。作るには、はさみかカッター、のり、定規、そしてつまようじなど、きっとみなさんのご自宅にあるものばかりですよね? そう、特別な道具は不要です。が、「インクの出なくなったボールペン」があると、なおよいとか。その理由は……?

ペーパークラフトですから、型紙を立体にしていくためには、折ったり貼ったり、が必要。その折り線をつけるために、インクの出なくなったボールペンが役に立つのだそう。折り線に定規を当てて、ペン先ですっと跡をつけると、折りやすく、成形したときにも折り目がしっかりとついているため、安定しやすくなります。

【型紙プレゼント】 電車、駅、そして......?! 小さな世界の大きな楽しみ、素晴らしき<スモールワールド>へようこそ!

さて、ついに完成? 型紙を印刷して着手してから、ここまでの所要時間は約45分(個人差があります)。エキナカで見慣れたアキュアの自販機に、クールなボディが目印のトラッシュボックスの組み合わせができあがりました! よく見ると、自販機の左上だけ、ポコッと穴が空いているようですが……?! 

【型紙プレゼント】 電車、駅、そして......?! 小さな世界の大きな楽しみ、素晴らしき<スモールワールド>へようこそ!

よくみると、左上に見えていた穴には、<フロムアクア>が! そう、このボトル部分は着脱可能、ココにはめ込むことができるのです! そしてなんとなんと……アキュアの自販機がアキュアくんに変身! いまにも歩き出しそうなアキュアくんが、完成しました(自立しますが歩きません)!

【型紙プレゼント】 電車、駅、そして......?! 小さな世界の大きな楽しみ、素晴らしき<スモールワールド>へようこそ!

さらにさらに、アキュアくん、その手に何か持っているような……?! 自販機部分から取り出した<フロムアクア>のボトルは、ボトルの下面をアキュアくんの手に差し込めるようになっているのです! なかなか芸が細かいでしょう?

とはいえ、設計も構造は、とてもシンプル。休日や夜のひとときなどに、ぜひチャレンジしてみてくださいね! お子さんがおられる方はぜひごいっしょに! 型紙は、この記事のおわりにある「型紙ダウンロード」から入手できます。あなたの部屋にもアキュア&アキュアくんが仲間入り! 小さなモノ・世界を自作する楽しみをぜひご堪能あれ!

◆問い合わせ先
広告主名:株式会社JR東日本ウォータービジネス
広告主連絡先:東京都渋谷区恵比寿南1-5-5 JR恵比寿ビル9階 
電話番号:03-6853-6001
媒体名:アキュアラウンジ

【型紙ダウンロードはコチラから!】旅好きなアキュアくんが、あなたの部屋におじゃまします!

【型紙ダウンロードはコチラから!】旅好きなアキュアくんが、あなたの部屋におじゃまします!

JR東日本のエキナカでおなじみの自販機、アキュア。忙しい毎日、でも、キュッと一口飲むことで、気持ちをホッと癒せたら——そんな思いで、いつも駅のホームに佇んでいるアキュアと、東日本の各地を転々と飛び回る、アキュアのキャラクター『アキュアくん』が、ペーパークラフトに! 上記記事や、ダウンロードした型紙にも記載されている作り方を参考に、ぜひトライしてみてくださいね。


関連リンク