ページ内を移動するためのリンクです

移動のお供に フロムアクア

Hanako.tokyo タイアップ記事掲載中
秋のフロムアクア
夏のフロムアクア
色づく山道でこまめに水分補給紅葉狩りにフロムアクア メージ

色づく山道でこまめに水分補給紅葉狩りにフロムアクア

秋のレジャーでも
「落ちないキャップ」の
フロムアクアが大活躍。
体力を使う山道で
水分補給は欠かせません

秋の移動中も落ちないキャップが便利なフロムアクア イメージ

秋の移動中も落ちないキャップが便利なフロムアクア

秋は涼しくなった事で、
夏に比べて水分補給を疎かにしがちです。
人は乾燥によっても脱水するので
欠かさず水分を摂取しましょう。

スポーツの秋にもフロムアクアが最適 イメージ

スポーツの秋にもフロムアクアが最適

運動に欠かせない水分補給は
運動前、運動中、運動後
いずれのタイミングでも必要です。
水分の不足や過剰を避けることで、
最大限のパフォーマンス発揮に
つながることが期待できます。

暑い日本の夏移動中はフロムアクアがぴったり メージ

暑い日本の夏移動中はフロムアクアがぴったり

暑い中もスーツを着て、
頑張っている方たちの移動のお供に。
移動先の駅で冷えたフロムアクアが
待っています。

今年の夏はより一層熱中症に注意 イメージ

今年の夏はより一層熱中症に注意

マスクをつけて外出することも多い今年の夏。
移動のお供のフロムアクアで、
こまめに水分補給。
渇いたノドやカラダを潤します。

夏のレジャーも移動のお供にフロムアクア イメージ

夏のレジャーも移動のお供にフロムアクア

海や山、ピクニックなど
電車の移動が伴うレジャーにも
フロムアクアが便利。
荷物が多くて、手がふさがっているときや、
歩きながら水が飲みたいときに、
「落ちないキャップ」が活躍します。

フロムアクア product object

フロムアクアは、移動のお供

落ちないキャップ

移動に便利な「落ちないキャップ」
どんなシーンでも落とす心配がないので
いっしょにお出かけするときに安心。

落ちないキャップ イメージ

谷川連峰の天然水

谷川連峰から湧き出た天然水を使用。
日頃の水分補給に、豊かな自然からお届けする
フロムアクアはいかがですか。

谷川連峰の天然 イメージ

駅でも、おうちでも、フロムアクア

駅の自販機、オンラインショップでも手に入る。
荷物の多いお出かけにフロムアクアはぴったり。

でも、おうちでも、フロムアクア イメージ

公式オンラインストアでのご購入はこちら▼

アキュア公式オンラインストア

ひと駅マチ散歩特集!

「From AQUA」片手にハヤカワ五味さんが話題の場所へ! 山手線最新駅から江戸、縄文まで!
東京の歴史を感じる街散歩。
「ひと駅マチ散歩/高輪ゲートウェイ駅~田町駅編」

遠出が難しいご時世でもお出かけは楽しみたい!というわけで今回は「ひと駅マチ散歩」と題して、一つの駅から次の駅を結ぶエリアに点在する注目スポットを歩きます。今回は、未来を先取りしたアノ駅から、江戸や縄文など歴史を感じさせる場所を巡る散歩へ。甘いもの好き必見のおいしいお菓子情報もありますよ!


■ 編集部 / Hanako編集部
「東銀座にある編集部からお届けします!」

今回「ひと駅マチ散歩」を体験してくれるのは…

イメージ:1-1
ハヤカワ五味・ウツワ代表取締役社長。1995年生まれ、東京出身。

“キュ〜トでクレバ〜な起業家”ことハヤカワ五味さん。多摩美術大学在学中にランジェリーブランドを立ち上げ、課題解決型アパレルブランドを運営する「株式会社ウツワ」の代表取締役社長として活躍。昨年5月に立ち上げた”生理を選択から考えるプロジェクト”をコンセプトにした「illuminate」も話題に。

プライベートでは、散歩好き、食べるの好き、JR東日本マニアとしても有名で、『Hanako』も普段から愛読してくれているそう。「え、私たちなんで今まで出会ってなかったんだろう」と運命を感じるくらい「ひと駅マチ散歩」企画にぴったりのゲストです!

散歩のおともは「From AQUA」!

イメージ:2-1
移動中でもキャップを落とす心配のない”落ちないキャップ”を採用。
イメージ:2-2
キャップは180度以上開いてしっかり固定できるので、顔に当たる心配なし。
PREV
NEXT
イメージ:2-1
イメージ:2-2

散歩中はこまめな水分補給が欠かせないので、まずは飲み物を調達。今回ハヤカワさんが選んだのはJR東日本駅構内で購入できる天然水の「From AQUA」。

一見するとめっちゃ普通の水ですが、その最大の特徴は“落ちないキャップ”。キャップは180度以上開いてしっかり固定でき、顔に当たらずに飲むことができます。手がふさがりがちな食べ歩きの散歩はもちろん、ショッピングやトレッキングなどのシーンでも落とす心配がないんです。

「From AQUAはキャップが落ちないから、移動の多い散歩にもぴったりなんですよね。出張や移動時にJR東日本を利用したとき、買うことが多いです」とハヤカワさん。

お散歩スタートは
山手線49年ぶりの新駅〈高輪ゲートウェイ駅〉から。

イメージ:3-1
二階部分のコンコースはガラス張り。
イメージ:3-2
折り紙をイメージした天井から自然光が降り注ぐ、明るい構内。
PREV
NEXT
イメージ:3-1
イメージ:3-2

散歩のスタートは、山手線30番目の駅として、開業前からいろいろと話題になった〈高輪ゲートウェイ駅〉から。
駅に降り立つのは今回が初めてというハヤカワさん。ホームに立った瞬間、天井の高さに驚いている様子。この、日本では珍しい吹き抜けの駅舎を設計したのは東京オリンピックの新国立競技場を設計した有名建築家、隈研吾さん。4000平米もあるという白い大屋根は折り紙がモチーフ、随所に福島県産の杉材を活用するなど「和」を感じられるデザインになっています。

さらにJR東日本では〈高輪ゲートウェイ駅〉を“新しいことをはじめる場所”と位置付けしていて、AIサイネージやロボットを導入したり、無人AI決済店舗〈TOUCH TO GO〉を構えていたりと”攻めた”作りになっています。「こういう革新的なお店をいち早く実現させているところも、JR東日本の好きな理由の一つです」

イメージ:4-1
「これがタッチパネル式のイノベーション自販機!」
イメージ:4-2
「acure pass」アプリであらかじめ商品を購入しておけば、受け取り画面をQRコードで表示できる。
イメージ:4-3
QRコードを自販機にかざすだけで受け取り可能。
イメージ:4-4
手軽に買えて便利!「acure pass」アプリでは対応自販機の場所も調べられる。
PREV
NEXT
イメージ:4-1
イメージ:4-2
イメージ:4-3
イメージ:4-4

〈高輪ゲートウェイ駅〉構内を歩いていると、黒アキュアこと「イノベーション自販機」を発見!この自販機、タッチパネルとセンサーを搭載していて、専用アプリ「acure pass」を使えば、スマホをかざすだけでドリンクの受け取りが可能。たとえば、電車に乗っている間にアプリ上でドリンクを注文、事前決済しておけば、駅に到着して自販機にQRコードをかざすだけで商品が手元に!なんてスムーズ!!

しかも「acure pass」は購入ごとにポイントが貯まるサービスやお得なキャンペーン情報も届くというJR東日本好きはDLマストのアプリ。もちろん、ハヤカワさんもDL済み。

「イノベーション自販機はクールなブラックのデザインで目を引きますよね。ちなみに〈acure〉のオリジナル飲料といえば、りんごジュースも有名。季節によってりんごの種類が変わるのでこまめにチェックしています。そういえば、先日数量限定で発売した『青森りんご世界一』はそのおいしさがTwitterを中心に話題になり、あっという間に完売してしまったんですよ」と、さすがJR東日本マニア!

イメージ:5-1
山手線内で唯一、明朝体で表示された駅名。こちらもチェックポイントです!

山手線内の駅名にはゴシック体のフォントが使われているのですが、〈高輪ゲートウェイ駅〉だけ明朝体が採用されています。これは駅舎の和のテイストと調和させるためなのだそう。

また、構内同様に床や天井を杉材で作られた快適なトイレも。アロマディフューザーが設置されており、空間全体に心地よい香りが広がっているとか。そして、駅舎内には電源席が充実したスターバックスもあり、ここは仕事がはかどりそうです。と、そんなこんなでチェックポイントの多い〈高輪ゲートウェイ駅〉をスタートして、さっそく「ひと駅マチ散歩」へ!

まず向かったのは忠臣蔵ゆかりのお寺〈泉岳寺〉

イメージ:6-1
立派な山門。一階部分の天井には「江戸三龍」のひとつ、銅彫大蟠龍がはめ込まれている。
イメージ:6-2
ご本尊にお参り。ここには大石内蔵助の守り本尊である摩利支天(秘仏)が納められている。
イメージ:6-3
境内には〈主税梅〉や〈首洗い井戸〉など見所がたくさん。地図で事前に場所の確認を。
イメージ:6-4
四十七士が眠る「赤穂義士墓地」。
PREV
NEXT
イメージ:6-1
イメージ:6-2
イメージ:6-3
イメージ:6-4

突然ですが、今年も残すところあとわずか。というわけで、日本の年末の風物詩『忠臣蔵』にゆかりの深い〈泉岳寺〉に向かうことにしました。こちらは、浅野内匠頭と大石内蔵助をはじめとする四十七士が眠るお寺です。

境内には浅野内匠頭が切腹した際にその血がかかったといわれている梅の木や石、赤穂義士たちが吉良上野介の首を洗ったと言われる首洗井戸など、生々しい歴史を感じるスポットもありますが、泉岳寺境内にある「浅野長矩墓および赤穂義士墓」は国の史跡。参拝客は、それぞれが祀られた墓塔に線香をお供えしてお参りすることができます。「寺内はとても静かで厳かな雰囲気。都会のど真ん中にいることを忘れさせてくれます」とハヤカワさん。

ちなみに泉岳寺門前には、高張提灯や陣太鼓、袢纏、鉢巻など赤穂義士にちなんだグッズが充実したお土産屋さんも。「年内にあの件、カタをつけておきたい!」と討ち入り予定がある人はぜひ立ち寄ってみてくださいね。

〈泉岳寺〉
住所:東京都港区高輪2-11-1
電話:03-3441-5560
開閉門時間:10/1〜3/31 7:00〜17:00
サイト:http://www.sengakuji.or.jp

お次は〈泉岳寺〉から徒歩5分、大福の名店〈松島屋〉へ。

イメージ:7-1
赤と白ののれんが目印。
イメージ:7-2
昔ながらの包装紙にもグッとくる。
イメージ:7-3
大福は、豆、草、きびの3種類。各150円。
イメージ:7-4
散歩途中に甘いものを食べてエネルギーチャージ中のハヤカワさん。
PREV
NEXT
イメージ:7-1
イメージ:7-2
イメージ:7-3
イメージ:7-4

次は〈泉岳寺〉から歩いて5分で到着する大福の名店〈松島屋〉へ。大正7年に創業した老舗の和菓子店で、看板商品の大福は”東京三大大福の一つ”といわれています。大福の種類は豆、草、きびの3つ。一番人気の豆大福は北海道産の小豆を丁寧に仕込んで作った粒あんがたっぷり。さっそく購入したハヤカワさん、店先でパクリ。「粒あんの甘さが絶妙で、ほっくりとした食感の赤エンドウ豆がアクセントになっていて、これはおいしい!」と大満足。草大福はよもぎのほどよい苦味が餡の甘さとマッチした大人好みの仕上がり。きび大福は餅とあんこの素朴な甘さとプチプチとした食感が特徴です。

〈松島屋〉では創業時から、もち米を全自動の製造機ではなく、臼と杵の機械でついています。毎朝、天候や湿度に合わせて水を足す加減や練り具合を調整し、独特の弾力のある餅に。大福は午前中で完売することもあるので予約がおすすめです。

〈松島屋〉
住所:東京都港区高輪1-5-25
電話:03-3441-0539
休み:日曜、月曜不定休

〈松島屋〉の大福に大満足のあとに向かったのは、港区唯一の遺跡公園〈三田台公園〉

イメージ:8-1
竪穴式住居のレプリカ。
イメージ:8-2
ボタンを押すと音声ガイドが流れます(なかなか長尺です)。
イメージ:8-3
「牡蠣の殻を発見!縄文時代の人も牡蠣を食べてたんですね」
イメージ:8-4
巻貝や二枚貝が見られる貝塚の剥ぎ取り標本。
イメージ:8-5
大きな木の下で一休み。
PREV
NEXT
イメージ:8-1
イメージ:8-2
イメージ:8-3
イメージ:8-4
イメージ:8-5

散歩の最後の目的地は、明治・大正時代に旧宮家華頂邸の庭園だったという〈三田台公園〉へ。規模はそこまで大きくないのですが、園内には伊皿子遺跡で発見された縄文時代の竪穴式住居が復元されています。住居の内側には縄文人の姿が再現されていて、当時の生活を垣間見ることが可能。

また、貝塚の断面も展示されていて、「縄文時代の人、貝めっちゃ食べてる」と改めて確認することができます。この貝塚、貝の種類の豊富さや貝層密度の濃さでは日本有数の貝塚なんだそうです。ハヤカワさんは「都心にこんなに大きな貝塚があるなんて知らなかったです」と古代の人びとの生活の様子を知って、想いを馳せていました。

〈三田台公園〉
住所:東京都港区三田4-17-28
電話:03-5421-7615

お散歩のゴールは〈田町駅〉

イメージ:9-1

〈三田台公園〉を出て、今回の散歩のゴール〈田町駅〉へ。歩きながら今回の散歩を振り返ってくれたハヤカワさん。
「散歩はもともと大好きで、ふだんは家の周りや友達が住む街を歩くことが多いのですが、こうして知らない街を歩くのはいろいろな発見があって楽しいです」。

散歩の途中には、地元で人気のお菓子との出会いもありました。「おいしいもの食べながら歩くのは、散歩ならではの楽しみ。いろんな街へ行ってみたくなりました」と、笑顔で締めくくってくれました。こんな感じで公開前から好評の「ひと駅マチ散歩」、第二弾もあります。そちらの模様は2021年1月下旬にお届け予定!お楽しみに!!

「From AQUA」インフォメーション

イメージ:10-1
280ml 100円、530ml 110円 ※標準価格
イメージ:10-2
“落ちないキャップ”は移動中の水分補給に便利。
PREV
NEXT
イメージ:10-1
イメージ:10-2

群馬と新潟の県境にある日本百名山のひとつ、谷川岳から湧出された天然水。厳しくも豊かな自然に恵まれた谷川岳の水はミネラル成分をバランス良く含み、まろやかですっきりとした味わい。180度開く”落ちないキャップ”は移動中の飲み物として最適。

「From AQUA」の詳しい情報はこちらから

■オンラインショップでも商品は購入可能!
購入はこちらから

「From AQUA」に関するお問い合わせ
TEL:0120-948-167 受付時間9時〜22時(全日)

ページの終わりです